Contribution

研究成果


 筋電メディカル®EMSを用いた
研究成果のご報告



 2024年2月
 運動様筋肉刺激技術に関する研究成果が「Journal of Sports Sciences」に掲載
 2022年1月
 中間広筋に対する効果


運動様筋肉刺激技術に関する研究成果が
科学雑誌「Journal of Sports Scinence」に掲載
筋力および筋肉の量・質に対する効果を検証
(2024年2月)

 
株式会社ポーラ・オルビスホールディングス(本社:東京都中央区、社長:横手喜一)が始動した、技術起点の運動代替セルフケアソリューション「e-Nudge(イーナッジ)」プロジェクト※1に関する研究成果が、2024年2月、科学雑誌「Journal of Sports Sciences」にて発表されました。
※1 参考リリース:「e-Nudgeプロジェクト始動」(2024 年2月29 日)
https://ir.po-holdings.co.jp/news/news/news7220030217987927804/main/0/link/20240229_e-Nudge_s.pdf
 
芝浦工業大学 赤木亮太 教授、日本体育大学 岡本孝信 教授、橋本佑斗 助教、電気通信大学大学院 安藤創一 准教授らの共同研究により実施された、運動様筋肉刺激技術※2の筋力および筋肉の量・質に対する効果に関する研究成果が、科学雑誌「Journal of Sports Sciences」に掲載されました(2024年2月)。
※2 日米で約45年にわたり筋肉を研究してきた京都大学名誉教授 森谷敏夫(おせっかい倶楽部代表)が発明した技術「MyMed Technology(マイメドテクノロジー)」
 
本研究では、若年男性39名(平均年齢22歳)をランダムに対照群(n = 18)と介入群(n = 21)に分け、介入群は1回約14分の運動様筋肉刺激(NMES: neuromuscular electrical stimulation)を週3回実施しました。8週間の介入期間の前後で、介入群では筋力の増加(膝関節伸展筋群の等尺性最大随意収縮の有意な増加)、筋肉の量の増加(MRI検査による大腿四頭筋の量の有意な増加)、及び筋肉の質の改善(外側広筋の超音波エコー強度の有意な減少)が確認されました。
 

■ 論文タイトル:
Eight-week neuromuscular electrical stimulation training produces muscle strength gains and hypertrophy, and partial muscle quality improvement in the knee extensors
 
■ 著者:
Ryota Akagi1,2, Yusuke Miyokawa1, Daigo Shiozaki2, Yoshinari Yajima1, Koki Yamada2, Kosuke Kano3, Yuto Hashimoto4, Takanobu Okamoto4 and Soichi Ando3
1 College of Systems Engineering and Science, Shibaura Institute of Technology, Saitama, Japan
2 Graduate School of Engineering and Science, Shibaura Institute of Technology, Saitama, Japan
3 Graduate School of Informatics and Engineering, The University of Electro-Communications, Tokyo, Japan
4 Department of Exercise Physiology, Nippon Sport Science University, Tokyo, Japan
 
■ 掲載雑誌:Journal of Sports Sciences
 
■ 掲載日:2024年2月7日
 
■ DOI:10.1080/02640414.2024.2318540
 
■ URL:https://www.tandfonline.com/doi/figure/10.1080/02640414.2024.2318540
 




 

中間広筋に対する効果
(2022年1月 筋電メディカル®EMS試作機にて測定)

中間広筋とは、大腿四頭筋を構成する筋肉の一つで、中間広筋は大腿部前面の深層にある強力な筋肉で直接触れることはできない。
中間広筋は他の広筋群とともに膝関節の伸展動作に作用する。


中間広筋は、大腿四頭筋のなかで最も深部にあるため、EMSを用いて外部から電気刺激を用いても、筋収縮を誘発することは大変困難であった。


 
「筋電メディカル®」EMSの刺激が中間広筋に到達していれば、刺激中は筋収縮が誘発され、その結果、筋肉の厚みが増加することが期待できる。
このことを確認するため、「筋電メディカル®」EMSを用い、腹部および膝上に電極を装着して電気刺激を行った。
 
超音波測定により刺激中の筋の厚み変化を測定したところ、刺激前は11.7mmだった筋厚は、刺激中、17.5mmになっていることが確認できた。
 
このことは、「筋電メディカル®」EMSの電気刺激は、体深部にまで到達可能であり、中間広筋のような体深部の筋収縮の誘発をも可能であることを示唆している。